九州その5 「はやとの風、いさぶろう・しんぺい往復乗車!」

3日目。
鉄道ファンのみならず、もはや九州の旅ではおなじみになった
JR九州の人気特急を楽しみ尽くしました。

それでは肥薩線、一気に行かせて頂きます。

まずは「はやとの風 2号」。停車駅は、
鹿児島中央⇒鹿児島駅⇒隼人駅⇒嘉例川駅⇒霧島温泉駅
⇒大隅横川駅⇒栗野駅⇒吉松


「はやとの風」でしゅっぱつしんこう!


桜島は見飽きないなあ

前日の桜島ツアーバスのガイドで、「錦江湾では運がよければイルカが見られますよ」
ということだったので、必死に目を凝らして探してみたものの、それらしき姿は見えず。
はねた!と思っても波だったりの繰り返し。残念。

はやとの風の最初の見どころ停車駅は、なんといっても嘉例川駅。


「かれいがわ」とお読みします


ひなびた雰囲気の木造駅舎(ピント合ってないけど)

タイムスリップしたかのような、風情のある木造駅舎が人気の嘉例川駅。
すてき…まだこんな駅舎が現役で残っているなんて。
ただ、はやとの風に乗ってきた人たちで大賑わいなので、木造駅舎のたたずまいや
雰囲気に静かに浸りたいなら、普通列車で訪れたほうがいいかもしれません。


これはどういう意味だろう?(ていうか向こうの男の子が可愛い)

霧島温泉駅(写真がない)から大隅横川駅へ。


この駅舎も素敵だね

嘉例川駅以外にも素敵な駅はたくさんあることを知りました。
わずかな停車時間だけど、一つ一つの駅に降り立ちながら進む旅。
ぜいたくです。


駅ではいろいろな地元特産品の販売があります
(写真は大畑駅)

各駅では、地元の野菜、果物、そば粉や梅干しなどなどの販売があります。
見ているだけで楽しい!あれもこれもと買いたくなってしまうのですが

駅ごとに微妙に商品が変わるから、欲しいものがあればその駅で
我慢せずに買っておくことをおすすめします

(※重要!テストに出ます!)

そうそう、手作りスイーツも売っているので、おやつは買ってこなくていいよ。
車内でコーヒーを買って、手作りの美味しいおやつを食べながら鉄道旅を楽しもう!

栗野駅を経て、あっという間に吉松駅に到着。


吉松駅から「しんぺい」に乗り換え

「しんぺい2号」の停車駅は
吉松駅⇒真幸駅⇒矢岳駅⇒大畑駅⇒人吉駅

まずは、幸せなご利益のありそうな「真幸駅」へ。
肥薩線唯一の宮崎県にある、スイッチバックも楽しめる満腹感いっぱいの駅。

真幸駅は実に忙しい。
写真撮って、鐘ならして、記念切符買って、あああああ時間がない!

と、慌ててスタンプを押したもんだから…


幸薄い(涙)

なんと不吉な…


ホームには、噂の幸せの鐘

「ちょっとだけ幸せになりたい人は1回、もっと幸せになりたい人は2回、
いっぱい幸せになりたい人は3回鳴らせばよい。」
というように、幸せになりたい度合いで回数が変わるらしい。

鐘はやっぱりすごい人だかりで、「あとで鳴らせばいいや」などと思ってるうちに
発車時間がきてしまい、慌てて「カンカン!」と2度鳴らした。
いや、2度鳴った、と言うほうが正しいくらい、片手間に鳴らしてしまった。

幸せご利益のありそうな駅で、幸せにになれるのか不安を募らせる結果に…。


ばーいばーい!!

スイッチバックしている間も、姿がみえなくなるまでずっと手を振ってくれる
真幸駅のみなさん。またね~~~

真幸駅-大岳駅間、列車は徐行運転で、日本三大車窓の眺めのポイントへ。
えびの盆地や、その向こうの霧島連山の眺めに歓声が上がります。
さらにその先の空に浮かぶのは…桜島!


実際に現地に行くか、心の目で見て!

後日、鉄道カメラマンの方に聞いたところによると、
桜島まではなかなか見られないらしい!おお!すごく運がよかったってことか!
日頃の行いが良かったと言わざるを得ないなあ。

続いては、肥薩線で一番標高の高い駅、矢岳駅へ。


駅舎の外にはSL展示館があります


間近で見ると大迫力!


「いさぶろう」でも、もちろん「しんぺい」でもないが乗車の記念に

うーん、ちょっと停車時間が短くて、どの駅でもバタバタしてしまう。
でも、もっと長かったら到着時間も遅くなるし、逆に飽きてしまうかなあ。
気になった駅は、やっぱり普通列車でまた来ようっと。

次は日本で唯一、ループとスイッチバックが併用されているという
なんとも鉄分いっぱいの駅、大畑駅へ。


ループ線 これから行く線路が遠くに見える


駅舎内に名刺がたくさん!

訪れた人が出世を願って、ここに自分の名刺を残していく事で有名なんだって。
名刺…財布の中に一枚くらいあったかな…?

っていうか、私、旅の前日に退職交渉してきたんだった。

この夏は転職活動に明け暮れて、旅から帰ったら怒涛の引き継ぎ。
11月に念願の転職を果たしたのです。やーよかったよかった。

辞めると決まった会社の名刺じゃなくて、自分の名刺を持ってまた来なくては!

そしてあっという間に人吉駅に到着しました。


向こうにSLがいる!


ちょいちょい置いてあるこいつが可愛い

パックツアーのため、鹿児島空港からの便で帰らなくてはいけないのです。
てことで、来た路線をそのまま「いさぶろう3号」「はやとの風3号」で折り返しました。

また同じ駅を行くのか…とも思ったけど、再訪の楽しみをすぐさま味わえて
思いのほかいい!しかも2度目は各駅で落ちついて楽しめました。


2度目のばいば~~~~~~い!!

山あり、谷あり、海もあり。スイッチバックあり、ループ線あり、古い駅舎あり。
そして、JR九州のお姉さんのおもてなしと、水戸岡デザインの素敵な列車。

鉄道旅の面白さがぎゅっっとつまっていて、鉄道ファンじゃなくても
あっという間に時間が過ぎます。ちょっとでも「行ってみたいな」って思う人には
「行ったら絶対面白いよ!」と、背中をどしどし押して押して押しまくりたいです!

ただ一つだけ、残念だったこと。それは、


(また自粛サイズ)

私の頭には、帽子が小さかったことくらいかな!!(泣)

おしまい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください