真梅雨のおのみち女子旅

4月都内某所。
お父さん憩いの居酒屋で女子二人(30)の不定期会合でのこと。

「今はまっている声優の出身地、尾道に行きたい」

その人知らんけど、うん、そういうのいいと思う。んじゃ本当にいこかーということで
久しぶりに大学時代の4人組を集結させ、真梅雨の女子旅が決定。

このメンバーでは絶対当日まで旅計画の相談はしないだろうと予想はしていたけど
ものの見事にノープランのまま出発。
それだけならまだしも、ある者は「尾瀬だと思ってた」と言い、またある者は
「四国だと思ってた」と…。とってもとっても不安だ。

てことで、2012年6月22日(金)
首都圏は朝から大雨洪水警報が出るほどの大雨。
ばしゃばしゃいうひどい雨の音で目が覚めたほど。ううむどうなることやら。

しかし新幹線で西へ進むほど、どんどん青空が見えてきて

R0027888
どうですこの天気!

日ごろの行いが良いといわざるを得ない。

尾道、雑な言い方をしてしまうと「女子が大好きな街」です。
(○○ガールとか、○○メンとか大嫌いなんだけど、ここはあえて)

R0027965
古寺めぐりもさることながら

R0027996
三歩行くごとに、古民家を改造したおしゃれカフェがあり

13418454050840
新鮮な海の幸と、うまい酒、とうまい酒

R0028114
レトロな看板がたのしい商店街や

R0027893
よく人になれたにゃんこがわんさか

R0027958_3
島々が浮かぶ瀬戸内海は絶景だし

R0027934
工場萌えの要素もある

(わかりづらいけど、造船場が広がっております)

こんな写真が不得手な私ですが、ついつい…


R0027911
こういう頑張っちゃった写真が何枚も撮られていた

脳みそがことりっぷになってたわ。

鎌倉散策と同じくらいのコンパクトなエリアにお寺が密集しているので
レンタカーやタクシー観光に頼ることなく、徒歩のみ(&バス)で楽しく遊べる街。

そして、古いものを活かしながら、現在進行形のおしゃなお店がたくさん。

尾道旅行、気になっている方。
某声優さんが好きで、行ってみたいけど二の足を踏んでいる方。
友達とお喋りしていれば、東京からの新幹線もそんなに長時間に感じないはず。

行くしかない!

つづく…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 木城のほとり より:

    あ~ぁ、綺麗なおみ足が大胆にも大きく
    映し出され、いや綺麗だから当然かニコッ
    でも、すっかりマッチョに鍛えられて・・
    こんな美しい日本の旅を取り続けるお方
    様の開脚とはとても思いつかなかったガクッ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA