しまなみ無計画サイクリング その1「突然の出発」

さて、尾道はサイクリングも楽しいところ。
目の前に広がる瀬戸内海の島々をつなぐ「しまなみ街道」のサイクリングロードは
全行程走破はハードル高いものの、風がすごく気持ちよさそうで憧れます。

しかし。

運動(ていうか体育の授業)から遠ざかって久しいなまくらOL。
自分の体力の限界が分からないっす正直。

そんな私の体力スペック。

・事務職のため、毎日座りっぱなし。
・高校時代は自転車通学だったが、以来めっきり運動はしていない。
・だけど長距離歩くのは苦ではない。むしろ好きだ。
・エスカレーターには乗るが、階段もよく使う。
・よく酒を飲み、休日は昼まで寝ている。
・アラサーになり周りはランニングやヨガを始めたが、焦るだけでやってない。
・運動といえば、朝のギリギリ通勤による駅までのダッシュ。
・筋肉痛は2日後に出るようになりました。

すんません、こんな感じです。

今回のメンバーでは、絶対に自転車は乗らないだろうと思っていたのに
意外にも、意外にもサイクリング案採決。
JR尾道駅からすぐの「尾道駅前港湾駐車場」のレンタサイクルへ。

レンタルの手続きをしながら、ノープランゆえ職員のおじさんにアドバイスを請う。
「生口島の耕三寺とか平山郁夫美術館まで行ってみなよ」
うん、じゃあその通りにします。(ひとまかせ)

ただ、たどり着いたとしても、絶対に自転車で折り返して帰れないだろう。
自転車は乗り捨てだな…と思いきや、なんとフェリーに自転車を積めるらしい。
なるほど、そりゃーいい!

何もかもいきあたりばったりすぎるけど、楽しみになってきた!

想定予定ルートはこんなかんじ。
(雑な地図。これを参考にして迷子になっても責任は負いかねます)


尾道を出発して、向島~因島~生口島まで
帰りは瀬戸田港17:14発のフェリーで尾道に戻るルート


さわやかに水色

残念ながら、電動アシストつきは重くて逆に辛いみたい。

選ぶ基準がわからないけど…
えーと、ディラン・マッケイ(なだぎ)みたいに足を高く上げなくてもまたげる
ママチャリ型で、足がつくやつがいいな。てことでこれに決定!


いざ

自販でアクエリアスだけ調達して、いざ出発。
遅い朝食をとりながらプランを立てたので、正午頃に出発しました。のんびりすぎだ。

まずは向島へフェリーで渡ります。朝ドラ「てっぱん」でよくでてきたアレね。
ちなみに「向島」は「むかいしま」と読みますが、つい「むこうじま」と言ってしまいがち。
という無益な情報をここでお伝えしておきます。

つづく…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください