ひとり台湾その2・桃園空港から高鐵桃園駅へ。すべては新幹線に乗るためです!

約4時間のフライトを経て、無事に桃園空港に到着。

さて、最初の目的地は台南です。
台湾のガイドブックは数あれど、ほとんどが台北で、台南の情報って少ない!最近人気と言われているのに、なんとなく数ページ載っているだけのものも…。

今回も数々の情報サイト、ブログにお世話になりました。ありがたいことです。

さて、台南なら高雄空港経由の方が早いんですが、ずっと乗りたかった台湾新幹線により長く乗りたい!ということで、高鐵桃園駅から移動するプランに。

IMGP7418
空港に着いたらまず両替。適当に2万円ほど替えておけばいいかなー。0.28・・・だから「×3円」で計算しよ。(ざっくりとした金銭感覚)

さて、ここから高鐵桃園駅までバスで移動します。表示を探しながらずんずん進む。

IMGP7423
「Bus to High Speed Rail」を読む前に、漢字で何となくわかるのが台湾の便利なところ。

下の階に降りると、バスのチケットカウンターが5つほど並んでいます。結構こじんまりとしているから、どの行先でもすぐ見つかりそう。

IMGP7425
高鐵桃園站(「站」は「駅」だね)という表記を探せばOK。わかりやすい!

「桃園駅」は台鉄の駅もあるから注意。手堅く「高鐵桃園站」というメモを見せると「One person?」「Yes!」、そして30元払うと「twelve!」と乗り場を教えてくれた。

IMGP7428
よしよし12番ね。12番。うん、「705 高鐵桃園站」って書いてある。

IMGP7429
こういう表記が分かりやすい場所に書いてあるとすごく安心。乗り間違いなし!

言葉が通じないところでは、乗り間違いだけは絶っっっ対に避けたい!ひとつずつ確認しながら進みますよ。

IMGP7436
20分くらいで高鐵桃園駅に到着。ここまでかなり順調です!

よし、順調だ。自分を褒めながらふーっと一息。

続いてはインターネット予約した新幹線のチケット引き換え。高鐵の予約サイトは日本語対応しているので簡単に予約できましたよ。

IMGP7434
チケットと書いてあるので並んでみる

とりあえず窓口に並んで、プリントアウトした予約表とパスポートを見せたらあっという間に発券完了。「1バンセンデス」と簡単な日本語で乗り場を教えてくれる。謝謝!

IMGP7432
きっぷはこんな感じ。4号車の7E席です。

ちなみに、12:05桃園空港着の飛行機で台湾入りしたんですが、乗り換え2時間として14:00発の新幹線を予約していたんですねー、日本時間の感覚で。

はい、桃園空港到着から2時間しかなかったら完全に乗り遅れてました。

しかし!台湾は1時間の時差があったので、実際は11:05着だったんです!
あーー完全に時差にすくわれたー。LCCは遅れることもあるし、入国手続きにもかなり時間がかかったので、このルートを行く方は余裕をもってチケットを取った方が良いと思います!

IMGP7435
こちらの「For online& phone booking ticket collection」と書かれた券売機で、並ばずに引き換えられたらしい。これは次の機会に…

さて、充実の新幹線タイムを過ごすべく食料を調達せねば。
駅の中にはマックやモスバーガー、セブンイレブン、ちょっとしたお土産売り場などの施設が。大充実というわけではないけど、買い出しや時間をつぶす場所はちゃんとありますね。

IMGP7437
高鐵便當は販売時間ではなかった。残念。

IMGP7439
セブンイレブンでお弁当を調達。
台湾のコンビニは基本的に袋をもらえず、ほかほかのお弁当もそのままハイっと渡される。袋が欲しいとお願いしたら、お弁当をぎりぎり支えるだけのネットが。エコだなあ。

「温めますか?」的なことを聞かれ、全く聞き取れはしなかったけど「HOTにするかってこと?HOT!PLEASE!」と何とか温めてもらうことに成功。こういうちょっとしたコミュニケーションのあたふたで、遠くに来たことを実感。

IMGP7441
改札を通っていざ、1番線に向かいます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA