初めて乗る人も安心!?私の寝台列車攻略法(前編)

「麦沢さんって、電車好きなんですよね。」私が電車好きと知って、話題を振ってくれる人がよく言うフレーズがこちら。

「私、一度寝台に乗ってみたいんですよねー」

うんうん、寝台楽しいよー乗ってみなよ!!とおススメしまくるのですが、そう思いながらもなかなか機会がなかったりなんとなく敷居が高い、難しいと感じている人も多いみたい。

ちなみに、一番よく言われるのが「あれ、すごいですよね七つ星!」七つ星については全く詳しくないので、「あー、高いよね!」としか返せなくて、せっかく振ってくれたのに、申し訳ない気分になってつらいです……

今回は、数回寝台に乗って独自に編み出した「女子でも気軽に!寝台列車攻略法」をまとめてみました。

P8264290
まず、列車は「サンライズ瀬戸・出雲」!

昔ながらのブルートレインではありませんが、ミサワホームが内装を手がけたこともあり、木のぬくもりを感じる、清潔感のある居心地のいい空間です。

岡山駅で切り離しされ、一方の「瀬戸」は高松へ、「出雲」は出雲市へ向かいます。うどん県に行ってアートの島・直島に足をのばしたり、もしくは出雲市から縁結びの出雲大社や温泉に癒されたり、見どころもたくさん。

初めて寝台に乗る女子にはかなりおすすめです!

P8264300
B寝台シングル ※部屋にビールはついておりません

車内販売はないので、事前に飲み物やお弁当などを調達して乗りましょう。

P8264303_2
金曜日、仕事終わってそのまま寝台でお疲れビール…プライスレス

P8264295
洗面所に行かなくても鏡があるのはありがたい

P8274324
コンセントがあるので携帯も充電できます
(「カミソリ専用」とあるけど、大丈夫らしいです)

P8264294
スーツケースを開くスペースはありません
(ファスナー式なので、少し開けて手をつっこんで荷物を出し入れ)

天気が良ければ窓から星も見えると思いますよ。いつも曇ってて見たことないけど!

今回は「サンライズ瀬戸」で四国へ。さっきまで東京にいたのに、目が覚めるとそこは瀬戸内海!明け方に瀬戸大橋を渡るので、美しい朝焼けの瀬戸内海の島々が…!!

P8274327
半分寝ながらうっとり

P8274338
工場萌えもあり!

ほらほら、もう今すぐにでも乗りたくなってきたでしょう!

だがしかし!女子は何かと事情がある!
わずか1泊するにもやることが多いんだよな!

てことでまず乗る前から戦い旅は始まる。

後編へつづく……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA