ここはどこ!?土讃線の秘境駅「坪尻駅」へ!

翌朝。小雨がぱらつく、あいにくのお天気。
瓦町駅近くのホテルを出発します。


この時は知事選直前で、街にキャナメがあふれていた


まずはことでんで、琴電琴平駅まで。ことこと。

琴電琴平駅から徒歩3分で、JR琴平駅です。


駅名のフォントがステキ

ここからJR土讃線で、約45分。


いったん止まって


方向転換して折り返す…

そう、スイッチバックってやつです!

運転士さんが、先頭の運転席から、反対側の運転席まで車内を往復する後ろを、わいわいとついていく子供たち(と鉄たち)


丁寧な運転で到着した列車を


手を振って見送ります

そうして到着した駅は…

秘境駅・坪尻駅です!!!!


駅前ひろば・・・なんもない!


駅周辺の一等地
・・・なんもない!!


秘境駅ランキング、堂々の7位です(平成22年時点)

現在は5位? 順位はともかく、周囲に人家なし、駅に続く道路なしの秘境駅であることは間違いありません。次の電車まで、しばらくのんびり散策することにします。とっても静かで心が落ち着く、森林浴にはもってこいの駅です!

注意しなきゃいけないのは、スズメバチ。そして通過電車です。

特急の通過電車が来るときにも、「通過電車が参ります、ご注意ください」というアナウンスはありません。小さな踏切に、時刻表がついているのでその時間に踏み切りに立ち入らないように注意が必要です。

アンパンマン列車が、豪速急で過ぎていきます。


小さな駅舎には


駅スタンプとノートもあります

このスタンプ、平成22年の2月に突然なくなり、4月下旬に1,300㎞離れた青森県のJR津軽線中沢駅で発見されたとのこと。すごい!誰が何のために…と腹立たしい気持ちはありますが、見つかった奇跡に胸熱です。

ノートには「スズメバチがいますので注意」と、あとに来るお客さんにために情報を残している書き込みがたくさん。ノートでつながる思いやり。


駅舎の内側は「おはようございます」

昔は通勤通学に使っている人もいたのかな。秘境駅を特集したバラエティ番組によると、山を少し上るといくつか民家があるみたいですが、今は利用する人はほとんどいないようです。


そしてまたスイッチバックしながら、JR琴平駅に帰ります

ゆったりのんびり。いつも見ている駅とはまた違った駅の過ごし方を満喫しました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください