一緒にバルセロナ行こうぜッ!YOI聖地巡礼の旅

ようやく私のパスポートに韓国・台湾以外のスタンプが押される日が来ました。

2017年9月、遅めの夏休み。行先はスペイン・バルセロナ。

そうっっ!!唐津に続き、またしても「YURI!!! on ICE」聖地巡礼の旅です。

今まで数々のライブ遠征や聖地巡礼をしてきたけど、最長距離、最高額記録の更新。やっちまった感がすごい。いや、やっちまったけど後悔はない。アニメ一つで人生の楽しみが何倍にも増えているんだから!(すべての散財のいいわけ)


なぜか旅のはじめに必ず撮ってしまうライナー券。今回はガウディのタイルを意識したネイルにする気合いの入れよう。


ヘルシンキ経由でバルセロナへ!

バルセロナには直行便がなく、どこかの空港で乗継ぎが必要。ヨーロッパなんて親に連れられて〇十年前に行ったきり…つまり初めて同然。とにかく乗継ぎが不安すぎる。そこで、

1.乗継ぎする空港が小さめでわかりやすい
2.長からず、短からずな乗継ぎ時間
3.CAさんが親切等もろもろの評判
4.時間と体力はお金で買う!!

を総合してフィンエアーに決定!


フィンエアーはマリメッコデザインで気分もあがる~


機内食も美味しかったです(往路はビールをがまん)

CAさんたちも空港の方もみんな親切で、海外の飛行機でたまーに遭う心がチクッとする思いもなく、快適な空の旅でした。聖地巡礼したいけど海外旅行慣れしていない方に、おススメですフィンエアー。


約9時間のフライトを経て、ヘルシンキ空港に到着。人の流れにのって進めば「Transfer flights」の案内。わかりやすい。

成田のチェックインカウンターで「ヘルシンキで荷物は受け取りませんよね!?」と念押して聞いたので、このまま乗り換え手続きに進んで大丈夫なはず。

ヨーロッパでは「シェンゲン協定」に参加している国の場合、最初に入国する国で入国審査を受けるそうな。(もちろん初めて知った)

ということで「Sightseeing!5days!パァァーン!!」のやり取りは、最初に入国するここヘルシンキでやります。

パァァーン!!の直前に審査員のおっちゃんがパスポートを見て

「フス…ッ」

と笑ってたけど、そうですよー小僧に見えるけどもう三十路も折り返し地点ですよー!!!!と言える英語力は残念ながら無い。(この後、ホテルにたどり着くまでにあと2回「フスッ」と笑われた)


迷うことなく次のゲートにたどり着いたのでカフェで一息。フィンランドは呼吸をするようにすべてがオシャ


メニューが読めなくても「カプチーノ」が分かれば問題ない

さてと、搭乗ゲートに向かいますか……と思ったら突然ゲートが変更になってるうー!

これこれこれこれ!海外旅行で一番恐怖だった「突然のゲート変更で遠いゲートまでダッシュ」の洗礼。すぐにゲートを確認したら一つ隣のゲートに変更になっていただけで一安心。これを広い空港でやられると半泣きだよねえ。


そんなこんなでバルセロナ エル・プラット空港に到着!!!!
出発と到着が一緒のロビーで分かりづらい…けど「Baggage claim」に向かえばいいはず

空港からは電車、バスなど各種交通がありますが、もちろん俺はお金で解決する方を選ぶ!!タクシーでホテルへ向かいます。(ちなみに38.2ユーロでした。5,000円ちょい)

そうそう、空港で両替をしたんですが手数料が高いのなんの!今調べてみたら「両替は日本でしていけ」という記事がたくさん。(出発前に調べなよ)

しかも自販機もカードが使えるくらいカード大国なので、大きいお札を崩すタイミングがない!

空港のコンビニで50ユーロ札を崩そうとしたら「お釣りを出せないからカードにして」と言われたり。

かと思えば、きっぷ券売機でクレジットカードがエラーになったり(しかも50ユーロ札は券売機で受付けてくれない。積んだ…)

お札はチャンスがあれば早いうちに崩す。クレカは念のため2枚持参(持ち歩いたのはうち1枚)が安心。です。


着いた~~~~~~~~~~~~~!!!!

泊まるはもちろん「プリンセス バルセロナ」です!

某旅行代理店Jで「このホテルじゃなければもっと旅行代を節約できますけど…」と提案されたけど(そらそうだ)観光地からのアクセスもいいとは言えないこのホテルを「ここと決まっているんです!!!」と謎の主張をして予約。

だけど一つ残念だったのは、


ヴィクトルがはらはらと泣いた部屋とは間取りが逆でした…

英語力があればホテルに直接問い合わせたりリクエストできるのかもしれない。
でも、私の力では無事たどり着けただけで万々歳です。


窓からはシー&グランプリファイナル会場ビュー。朝焼けがきれいでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA