FTISLAND ソウルライブ[+]2018に行ってきました!

いやー今年の夏は暑かったですね。

というわけで遅ればせながら、2年ぶりにFTISLANDソウル公演に行って来ました報告。


今回もまたこのT-moneyを携えて。若いなあ…真ん中の子なんてもうパパですよ!おめでとう!!

今回の会場は、BLUE SQUARE(ブルースクエア)。
ミュージカルが上演されるホールだそうですが、この建物の横にある小さなライブハウスが会場でした。


漢江鎮駅(ハンガンジン)の目の前も目の前。右側に見切れてる屋根が地下鉄の出入口。近い!


会場の周辺にはメンバー一人ひとりの旗が


きゃっきゃ言いながら探して写真に撮るのが楽しいんだよね。ものすごく暑かったけど。


ミナリがいない…と思ったらあんなところに!
(追いやられている…?と心配になったけど、以前この会場でやった時はスンちゃんだったそうだ。持ち回り制?)

ソウルも日本と同じくめちゃくちゃ暑くて、開場までにいかに体力を温存していられるかが心配だったんですが、会場前で凍らせたミネラルウォーターを無料で配っていたり(でも殺到しない。ほしい人だけがそっと持っていく)、スタッフさんに整理番号を見せたら列に連れて行ってくれるし…ありがたや~と思うことが多々。

(完全に余談ですが、「日本のライブはマナーがいい」みたいな話がよく出ますけど、海外は自由でおおらかで、一緒に盛り上がれる感じが強いと思う。日本はちょっと他人に厳しすぎて息苦しい…かな…)(隣にいたヨーロッパからのお客様のヘドバンが激しくてこっちまで盛り上がって良かったです)

ライブは毎度のことながら良かったです!2日間ともすごく盛り上がった!
新旧織り交ぜたセットリストと、花火がバンバンモクモクと上がって「日本とは消防法が違うんだな…」と思わせられる演出の数々。

思えばメンバーの名前もよく分からないまま、母のお供でライブに行きはじめたのが2011年ごろ。もう7年も細く長く彼らを見続けていることになりますが。

韓国でのライブは年数回。それなのにこんなにライブバンドとして成長した姿を見られるのは、彼らが忙しいスケジュールのなか、日本をはじめ世界で着実にライブ経験を積んでいるからでしょう。本当にすごい。偉い。ものすごく堂々と頼もしくなったと思う。だから絶対見たほうがいいのに、どうしてこんなに小規模なんだー!もったいない!!

日本での人気もずっと続くと嬉しいけど、やっぱり彼らの国で、韓国でずっと評価されていてほしい。今回の新曲「여름밤의꿈(夏の世の夢)」はちょっとアイドル風の楽曲で(しかも掛け声まである。動画見て練習して行きましたよ、エ・プ・ティ!て)一周まわって肩の力も抜けててかっこいいし、曲のレパートリーも潤沢で、とてもいい時期なんじゃないかと思うんだよなー。


そんなキャリアがもうすぐ一旦お休みになる気配が…このスローガンは彼らに伝えたい言葉であり、自分がそうありたいと願う言葉でもあり。

そして今回もMCは全く聞き取れなかったものの、何度も笑いが起きていて、確実に楽しませてくれる安心感がすごい!

唯一、2日目のアンコールの最後で断片的に聞き取れたMCが

「幸せな…家に……シャワーを……ビール……〇×▲×〇!!」
\イェーー!/

こ、これはいつもライブの最後に言ってくれる、お馴染みのセリフ「幸せな気分で家に帰って、シャワー浴びて、ちょっとビールを飲んで、いい夢見よう!!」ではないか!?と大興奮。この「日常の中で、楽しい時間を共有したね!」って感じのMCがいいんだよね~。

とまあ、今回も楽しかったしカッコよかったことをここにご報告します!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA