明洞「五友歌(オウガ)」で滋味深い肉とご飯を女子サイズでいただく

母に「韓国でご飯食べるところを調べておくけど、どんなところがいい?」とたずねたところ「いろんな葉っぱでお肉を包むところ」という割と幅があるリクエストをいただいたので、調べて今回はこちらに!

明洞「五友歌(オウガ)」FTの遠征にピッタリな名前ではありませんか!


炊飯器が目印!

口コミで「お肉が少なめで物足りないかも=女性だと丁度よくありがたい量」という情報を入手。そうそう、サムギョプサルを食べたいけど、食べきれないほど出て来ちゃうかな…って心配あるよね。(ちなみに店頭メニューの写真は、ファミリーセットのような大皿肉の写真が載っているけど「嘘やん!」て叫ぶほどの差あり)

プルコギのようなお肉のオウガ定食と、豚も牛も楽しめるサンパプ定食をそれぞれ1人前ずつ注文。1400wくらいでリーズナブルなのもありがたい。


定食2種でこの量、確かに物足りない人もいそうだけどありがたい!
(お肉だけ追加もできるみたいです)

この「発酵食品です!!」という見た目の味噌も美味しい~

葉っぱもいろんな種類があって、あれこれ口に入れてみる楽しさ満点!名前は分からないけど、バリバリと噛み応えがあってピリリと辛いやつが美味しかったです。店員さんが「下のほうに食べやすい普通のレタスがあるよ」と教えてくれました。ありがたや。

(といいつつ葉っぱの写真がない。↓こんな感じ。他のお店に比べると少なめだけどもう充分な食べ応えでした)


そしてなんといってもこちらの定食の特徴は、竹筒ごはん!

中に炭やナツメなどが入っていて、香りもよくもちもちと美味しい。温かいトゥングルレ茶が急須出てくるので、お茶漬けにして食べるとさらに美味しい。こういうの大好き!

滋味、滋味ですよ。食べる幸せを感じます。

パンチャンの内容もバラエティ豊かでお味噌汁もつき、大満足の内容でした。韓国が初めての女友達を案内するときとか、一人旅でお肉を食べたくなった時でも使えそうだな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA