⑧ソフトクリーム片手に「函館市営熱帯植物園」へ

「函館で一番美味しいソフトクリームを食べながら行こうか。」
との提案に乗って、少し寄り道する事に。
(面倒くさがり集団なので「函館で一番なのか」には大して触れず。)


「ラッキーピエロ戸倉店」に到着

函館を中心に展開するハンバーガーショップです。


宇宙から幸せの波動を得られる鐘

鳴らすべきか…
このつっこみどころ満載な鐘に気をとられていると
レジの方から「カランカランカラーン」と福引サイズの鐘の音が!


つっこむものが増えてしまった

「幸運強運賞」として、ソフトクリームがもう一つ当たりました。

友人達のネタを拾ってくる天性の能力は、大学時代から変わりません。
もちろん食べきれないので、運転手さんにプレゼント。


ミルクの味が濃い!

いやー、ファーストフード店のソフトクリームがこんなに美味しいとは。
函館の人がうらやましい。

お次は、温泉につかる猿をみるため、「函館市営熱帯植物園」へ。
旅の冒頭から熱帯植物園に興味を示していた友人N、よかったね!


いっぱいいるー!

猿たちは、明らかに湯あたりしていた。


ぐったり


ぐったり

ここの猿たち、一度お湯に入ってしまうと、
出れば寒い、入ればのぼせ、出れば寒い・・・
の無間地獄なのかなあ?ドライヤーを貸してあげたい。

見始めてわずか数分後、
「猿の写真、もう100枚も撮っちゃったー」とはしゃぐ友人N。
よかったね、本当によかったね。

最初は、「猿を見るだけでしょ」と思っていたけど
観察してると面白くて、なかなか立ち去れなくなります。


すすすいー

植物園の中は、冬の北海道とは思えないほどぽかぽかでした。


ブーゲンビリア目線

園内ではイグアナやインコもいたり
外には温泉熱を利用した、「ぬくもりベンチ」なんかもあり
どの観光地よりも楽しんだ4人。

植物園を後にした直後、運転手さんが

「最初に提案した○○や○○岬にはもう時間的に行けません!」

と、観光ルートを軌道修正。
運転手さんの想像以上に、植物園に時間をかけるお嬢ちゃんたちだった。
てゆうか「猿見すぎ!」と思っていたに違いない。

つづく…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください