愛しの手作り広告!駅のインディーズポスター報告会【第2回】

駅構内にある(おそらく)駅員さんやびゅうプラザの方々による、ぬくもり溢れる手作り広告。

力作、大作に感動し、ときに問題作にふと癒される…そんな愛すべき存在です。
前回2016年2月のまとめから、ある程度コレクションがたまってきたのでご報告いたします。早速いってみよう!


これは可愛い!ディスプレイ上手!(たしか巣鴨駅・2018年1月)


かなりの大作!栃木キャンペーンといえばイチゴ。パワースポットマップも情報満載でつい立ち止まって見てしまいますね。(浦和駅・2018年4月)


浦和駅、改札横のガラス面も可愛かったです。イチゴ文字で「とちぎへGO!」


これまたクオリティの高いなまはげに出会えましたよ!(赤羽駅・2018年9月)

なまはげって、作ってみようと思わせる魅力があるんですかね。(ちなみに私が大好きな渋谷駅のなまはげは前回の記事に)

そして、最近大変注目しているのが、JR中央線・阿佐ヶ谷駅!ここから一気にご紹介します。


カニ!(2016年8月)


イカがいる!おもむろに、イカだけが!(2018年9月)

「行くぜ!東北」のキャンペーンは盛りだくさんでした。(以下、2018年1月)


マグロのクオリティ!背のグラデーションや、尾びれの金色にこだわりを感じます!(しょんぼりした瞳も可愛い!)

そして「青」「森」「県」「大」「間」「の」「ま」「ぐ」「ろ」の文字にも注目。しっかり一文字ずつ、かつ全県デザインが違うところも丁寧な仕事ぶり!


山形の花笠。シンプルながら高い完成度。


宮城の笹かまぼこ。笹かまの形の特徴をあまりつかみに行っていない潔さと、ちゃんと七輪がある芸の細かさ!


ああッッ!赤べこがいない!(この写真を撮る数日前はいたのです。かわりにイヤホンの落し物が…)


阿佐ヶ谷の赤べこのクオリティがすごいんですよ~!ちゃんと首がゆらゆらするんです。可愛い!(これは2017年11月)


かと思えば、大胆シンプルなわんこそば!


なまはげの髪にも新聞紙をフル活用です!

そしてこの東北キャンペーンが終わった後の、秋田キャンペーンで……


また会えたね!なまはげ!(2018年9月)

やっぱり髪の毛は新聞紙で、口内がガムテの歯でいっぱいなところも愛おしい。そして手前にあるのはきりたんぽかな?もしや笹かまを作った人と一緒だな…?


後日みたところ、あぶり明太子のような味噌?がのっていました。キャワイイ!!

ああ癒される、阿佐ヶ谷駅の脱力工作の数々。

・材料にコストをかけない(赤ガムテープ、新聞紙を活用)
・絶妙な手抜き加減(要点はしっかりおさえてる!)
・たまに本気出す(まぐろや赤べこのクオリティ)

このバランス感覚に心をわしづかみされています。

手作りはきっと大変だけど、これからも続けてほしいなあ。
それと同時に『ちょっと手の器用な社員さんがこのために時間外労働をしませんように。残業になるなら残業代がちゃんと出ますように。この業務にも楽しみを感じながら作ってくれますように!!』と祈らずにはいられません。

というわけで、来年も駅の手作り広告をウォッチしていきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください