「風が強く吹いている」スタンプラリーは乗り物のフルコースでした!【後編】

(※作品のネタバレを含みますので、絶対見たくない方はご注意を!)

箱根町港のバスターミナルから、最終目的地ユネッサンへ出発。


赤の「H」路線でも、水色の「Y」路線でも大丈夫だね

このバスは箱根駅伝とほぼ同じコースを行くので「この道を神童が…」「ユキが…」と思うだけで20話、21話を思い出してグッときます。

さて、ユネッサンの3階イタリアンレストランの近くにいるそうだけど…


いた!イタリアンレストランの前に、ガタイのいいお兄ちゃんが!

横にある「箱根スイーツコレクション」とのコントラストがえらいことに!!


コンプリートーー!!ステッカーをもらったよ~可愛い~~

この達成感!!スタンプをちゃんと全部キレイに押せたのも嬉しいし、みんな可愛いし、幸せだな~!やった~~!!!

では、またバスに乗って箱根湯本方面へ下山しましょうかねーと外を見たら、


うっすら雪積もってきてるーーーー!!!

そんなに戻らなくていいぜ寒さんよ!日頃の行いが悪かったのか。そうだろうな。


が、結果として「この道をユキが……!(涙)」と妄想がはかどることに!

こんなに寒い中、濡れた地面を駆け下りていったのか~シューズも血だらけになるほどに~。ていうか6区になったことをお母さんにちゃんと知らせていたんだな~~いい子だな~~おいおいおい(むせび泣き)。そういえばカケルのご両親は区間新の走りを見てくれたんでしょうか……


おお!あの印象的なヘアピンカーブ!!

雪のおかげでテレビで見るより謎のマークがよく分かる!毎年あれはなんだろうと思って見てたけど、今調べたら箱根町のマークなんですね。

(※ちなみに、バス停「大平台駅」を出てすぐ。進行方向右側の席から見えます。逆に神童と同じ登りルートなら、バス停「出川」を出てからわりと距離があり、大平台駅到着前に見えます。この場合は進行方向左側ですね。)

あと、この路線は夕方以降や休日などは特に渋滞するのでお帰りの時間はたっぷり余裕をもっておくことをお勧めします!


箱根湯本駅のちょっと手前、「塔ノ沢」で下車。良かった~雪やんでる。


函嶺洞門!テレビで見たやつーー!(ミーハー魂)

このあたりの景色は、この函嶺洞門や旅館や橋など、神童のバックにいろいろなカットが出てきていたので、一度20話を見直してから行くとより楽しめそう。

聖地巡礼も楽しんだところで、せっかく箱根に来たのだから温泉に入らなきゃ帰れないでしょ!!温まりたい今すぐに!!


函嶺洞門から歩いて数分の、日帰り温泉「和泉」へ!

源泉かけ流しの天然温泉。旅館の日帰りプランよりリーズナブルで、共同浴場よりのびのびできる。数ある選択肢の中からこの旅にピッタリの選択をしたと自負!館内のレトロ感も居心地良く、1時間ほどのんびりしました。贅沢な1日だな~

(※タオルの販売もあり、手ぶらで立ち寄れます!脱衣所にドライヤーもありました。食事処はないけれどビールやソフトドリンク、アイスやお菓子などの販売もあるので、のんびりするのに申し分なしです!)


帰りはGSEだよー!

駅近くの居酒屋で食事をして、いい具合に酒気帯びのため「推し(ハイジ)越しの推し(GSE)」というハッピー写真をしつこく撮影しましたとさ。(どうかしてたわ)

=====

で、先日の最終回なんですが、よかったですね、よかったですね……!!!
これを最後にハイジの脚は…という予感がありつつも「とにかく本人が納得いく走りができますように!」と祈りながら、息をするのも忘れて見守ってしまいましたよ。

「そんなに強くないんだ、俺」とこぼした日から、「心が望むことをやり通したい」と決意して、一人で走り続け、万引き犯と運命の出会い、鬼の勧誘、チームの成長、そして「俺は本当に幸せだ」っておおおいおいおい(またむせび泣き)

カケル成長したね、とか、エピローグの王子の横顔美しすぎない?とか、まだまだ語りたいことはあるけど、とにかくいい作品じゃった。だから今すぐスタンプラリーに行ってください!4月14日(日)までです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.