語りつくせぬ「岩美町で最高の贅沢をしたよ」自慢です

お互い思い思いの一日を過ごして、岩美駅で夫と合流。


待ち伏せ。

お互いのびのび楽しんできたと報告し合いながらバスで宿へ。でも夕食までちょっと時間があるので、一息ついていくことに。海沿いの民宿兼お食事処で…


ザ・大人の贅沢!!!!


最 高

解禁になったばかりの旬の岩ガキ、自転車を漕いだあとの生ビール、優しい海風を感じるテーブルで、夕陽が沈むジャストタイミング。「贅沢だ」「本当に贅沢だ」と繰り返してしまう。いやあほんと、来てよかったなあ……

そうそう、旬といえば「道の駅 きなんせ」で買ったお土産自慢も。野菜やお魚にテンションが上がりながらも、生ものはなかなか持ち帰れない…そんな旅行者にもピッタリの一品。


実山椒があったんです!やたー!

市販の佃煮もいいけれど、生の実山椒でしか味わえない爽やかな香り!調べてみるとすごく旬が短いんだとか。この時期に旅行できたからこそ巡り合えた一品、すごいラッキーでした。(旅行から帰ってきて、疲れているところですぐ下処理しなくちゃいけなくて、一瞬後悔したけど。笑)


手始めに、鶏肉を煮てみた!ほんのり上品な香りがU~~MA~~I~~

醤油、みりん、砂糖、実山椒で煮ただけで、家庭料理とは思えないほど高級感ある味に!他にも鯛のアラとごぼうの煮つけや、和風ポテサラに入れてみたところ、もれなく美味しくなる万能調味料っぷり。小分けで冷凍したのでまだまだ楽しみたいと思います。

ということで、2泊3日のサクッと日程ながら、心の健康をフル充電した大・大・大充実の鳥取旅でした。唐津もそうだけど、聖地巡礼きっかけで訪れた町が本当に大好きになって何度も行きたくなるんですよね。こんないい場所を知れるなんて、よく分からないままでも3期を見始めて良かった~!また行くぞー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください