和歌山旅・その3「スーパー駅長たまのもとへ ~やっぱり猫が好き~」

「和歌山電鉄の改札はどこですか?」とJR改札でたずね、きっぷなしで改札通過の許可をもらう。

9番線へ向かうとそこは


ついにきました

そうです。
「鉄」も「猫」も兼ね備えた、私と森さんの聖地・貴志駅へ
スーパー駅長「たま」に会いに行くのです。

「たま」は日曜日お休み。
しかも突然お休みの事もあるらしく、わざわざ行っても会える保障なしという
遠方からの旅行者には不安のつきまとう聖地なのですが。

でも。行きたい。
そのリスクを押してでも、行かなきゃいけない。
リスクを負わないことがリスクと言うじゃないか!
という森さんの情熱が、この旅を実現させたのです。

貴志川線、1日乗車券は貴志駅を往復するだけで元が取れます。


2か所以上削りたい衝動にかられる

まずは普通ペイントの列車で貴志駅へ直行!

ヘッドマークにはいちご

到着 We Love TAMA

貴志駅の駅長室で、感動の対面!!!

いたー!

と思ったら…

ああっっ!!

なんてきまぐれ。でもそれが猫。
物足りなさではなく「それもまたよし」と言ってしまう猫好き達。

ベストショット撮影のために、みんな一生懸命。


こっち向いてー

お兄さんのカメラが痛恨の電池切れ!

その瞬間…

チラッ


訪れたシャッターチャンス

い じ わ るーーーー!!

猫って、猫って……悔しいけど、好きだああああー!!

ぷいっ 

ああーもーーーーー

…でもそれもいい。
鏡に映った私の顔が明らかにでれでれしている。

この数日前に「カンブリア宮殿」で両備ホールディングスの放送があったせいか、この路線の経営、未来、その重責を背負った猫…という目線になってしまっていたけれど、そんなことはおかまいなしに気まぐれで、なんか安心しました。

たまちゃん、駅長職がストレスにならないよう、元気で長生きしてください。

しまいにゃ寝る

つづく…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA