和歌山旅・その4「貴志駅&たま電車で、たままみれ」

8月にリニューアルオープンした貴志駅は、「たま」てんこ盛り。

皆が言わないなら、私が言おう。


駅舎のデザイン、怖くない??

駅周辺を少し散策。近くに貴志川が流れています。

のほほーん

しかし暑い。とにかく暑い。
駅に戻り、併設のカフェでクールダウン。

貴志川いちごジェラート おいしいっ

たまみくじなるものが!
一旅、一みくじ。もちろんトライ。

こたま…じゃなく、しょうたま

●マネーにゃ(4にゃ)
思わぬ収入の多いあなた。一部は貯蓄にまわして吉にゃ。
●恋愛にゃ(3にゃ)
新しい恋愛には慎重に臨むにゃ。

なかなかまともなことを言うたま。

ちなみに「レベル5にゃが最高」とのこと。ごにゃ…とお読みして良いのでしょうか。

そして貴志駅からついに「たま電車」に乗車。

ヒゲはえてる!

とにかくかわいい

車内にもかわいい装飾が盛りだくさん。

文庫の中には猫本や、日本の歴史漫画なんかも。

中でも一番気になったのは


わらいねこ

ゆっくり読みたかったなあ。

たま乗車時用に専用スペースもありました。


御召列車のようですね

伊太祁曽駅で下車。
この駅もたまグッズを売っています。(貴志駅にはないものも)

たまの見過ぎで、テンションがおかしなことになっているので
買い過ぎには注意です。

伊太祁曽駅周辺もちょっと散策しようか…と思いつつも
あまりの暑さにギブアップ。たまグッズだけを買うだけ買って
次の下り列車にとび乗り、また貴志駅へ戻ることに。

ロッキングチェアーにゆられたり

たまをながめたり

…なんて贅沢な時間の使い方。
渋谷で働く毎日と、完全に切り離された一日だったにゃ。

おっと。


沿線では稲穂が実っていました

つづく…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA