和歌山旅・その5「居酒屋『千里十里』で食いだおれ喋りだおれ」

はしゃぎ過ぎ、くったくたになって和歌山駅に戻ってきました。

さて夕食。

「なるべく地元感のある居酒屋で、その土地のうまいものが食べたい!」
と私が言い張り、ネットの口コミ等々をたよりに
居酒屋「千里十里」(ちりとり)へ。


居酒屋「千里十里」

知らない土地の居酒屋は、入るのにちょっと緊張。
のれんをくぐると、落ち着いたカウンターと、適度ににぎやかな半個室なお座敷。
一見さんでもとても居心地の良い雰囲気です。ホッ

まずはビールで乾杯!!
そして欲望のままに食べたいものをオーダーします。


丸はげ煮つけ

あっさり出汁味か、こってり甘辛味か選べます。ちなみに甘辛。


松前寿司
ハーフサイズをおかわりしたので、結局1皿分。


足赤エビの酢の物

ぎっしりエビ味。

…いっぱい食べたのに、写真が3枚だけとはこれいかに。

その他、刺身盛り、太刀魚の塩焼き、サーモンフライ、イカのくちばし…と
地元のもの、そうじゃないもの問わず、思いのままにオーダー。
どれもこれもおいしい!

地元のお酒も味見したい私は、「黒牛」をオーダー。
すっきりさっぱり、かと思いきや後味がふんわり甘い。うまし!

旅行って終電を気にしなくていいから、普段出来ない話をゆっくりできていい。

私はお酒の勢いで不毛な恋話を繰り広げまくり、普段は仏のような川原さんに「ばかっ!!(笑)」とまで言わせてしまった気がするけど、それもお酒に流されて忘れてゆくのでした。
(今となっては半分以上思い出せず)

満腹。たのしかった!ごちそうさまでした!

ホテルへ戻り、コンビニで仕入れたご当地アイスを。
お酒の後にすっきり味。ほんのりお茶の香り。


タレ目のアヒルに惹かれてしまって

つづく…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA