和歌山旅・その6「くろしお1号の車窓から」

翌日 2010年9月11日(土)

和歌山駅から「くろしお1号」に乗り、白浜駅を目指します。


明らかに色がおかしい

昨日なんか設定変えたようなー…
カメラ、全然使いこなせないなあ。

発車して20分ほど(?)、工場地帯の真横を通過!


わああああーーーーー!

早くもテンションMAX!で、写真撮るの忘れてました。
いまのとこ徐行してくれませんか。
ていうか次の駅で降りて、私だけこのへんを往復してもいいですか。

席は、森さんのぬかりない手配でパンダシートのある車両。


パンダの肩が華奢

海が見えると、電車は徐行。やっぱり海がメイン。


ほーきれいー


山側もいいね

写真は無いけど「かえる橋」にびっくりしたり。

約1時間15分の電車の旅。あまりに写真が少ない。
もう途中から諦めて、楽しむことに専念したと思われます。


朝食は、めはり寿司

ご当地ものをおさえて。
素朴な味で、朝食にもいいし、飲んだ後とか食べたくなりそう!


あ!紀伊田辺駅だっ

仕事で、周辺地図や交通をネットで調べまくった紀伊田辺駅。
なんとなく、感無量。

ところで。
私と森さんは普段、社員や取引先の交通手配を担当しており
行ったこともない土地の、乗ったこともない電車を調べ
どんなところかもよく分からないままきっぷを手配する仕事をしています。

そんな私たち2人とも「和歌山エリア」は苦手でした。
くろしお、スーパーくろしお、オーシャンアローは、1時間に1~2本。
全ての出張が、東海道新幹線沿いならいいのに…
と思うこともあったけど、この日を境に考えが変わりました。

山あり、海あり、川あり、工場あり。
「この景色を君に見せたい。」
海側の席を手配するから、みんな和歌山県に出張に行って!!!

つづく…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA